<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

2007.12.18 Tuesday
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-
-

ちょっとだけ

2007.12.06 Thursday 23:09
 
JUGEMテーマ:読書

『ちょっとだけ』
瀧村有子 作
鈴木永子 絵
福音館書店



2005年の『こどものとも年中向き』で発行されるや評判になった作品が、早くもハードカバーで登場!

こんなに早くハードカバーになったのって今までにあったかな?

福音館は、最近、
『こどものとも絵本』
というシリーズを始めたので、そのせいでしょうか。

『こどものとも傑作集』
は、もうありません。いや、在庫分はあるでしょうが、今後は
叢書名が『こどものとも絵本』に変わっていくようです。

さて、『ちょっとだけ』
あかちゃんが生まれて、おねえちゃんになった女の子のお話です。

いままで自分のものだったママの手は、赤ちゃんにかかりっぱなし。

おねえちゃんになったなっちゃんは、「ちょっとだけ」ママのスカートをつかんで歩き、自分で「ちょっとだけ」牛乳をコップにそそいだり、ボタンをとめたり・・・。

公園から帰って、どうしても眠くなったなっちゃんは、おかあさんに「ちょっとだけ」言います。

「ママ、ちょっとだけ、だっこして」

そのとき、ママがなっちゃんに言ったことばの、暖かいこと!

小さな子どもも喜ぶでしょうが、この絵本をいちばん愛しく思うのは、きっと母親です。

涙した人もいるのではないかと推測します。

こんなふうにできない、と悩むお母さんもいらっしゃるでしょうが、それなら、この本を一緒に読めばいいのです。

ちょうど同じころの子どもを持つお母さんだけでなく、小憎たらしい中学生になってしまった子どものお母さんも、胸をぎゅっと掴まれるような、懐かしく、愛しく、つらい思い出がよみがえるのではないでしょうか。

絵がまた、林明子さんに似た、ふんわりとやさしい子どもの絵。
作者も画家も、絵本は初めてということですが、、幸せな出会いになっています。

きっと、新しい定番絵本になるでしょう。

『こどものとも』2007年12月号『はやくかえってこないかな』で、またコンビを組んでいます。

こんどは、「おとうさん」という存在についてです。

よかったね、お父さんたち。
子どもの本新刊ピックアップ
comments(0)
trackbacks(0)

スポンサーサイト

2007.12.18 Tuesday 23:09
 
-
-
-

コメント

コメントする










トラックバック

この記事のトラックバックURL

オススメアイテム

オススメアイテム

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

検索

Search this site.
無料ブログ作成サービス JUGEM