<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

2007.12.18 Tuesday
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-
-

てをみてごらん

2007.05.31 Thursday 23:29
 
『てをみてごらん』
中村牧江 文
林 健造 絵
PHP



うわー、、手手手手手手・・・
しかも、ピンクの。

面出しで置いてあると、きっと誰もがついにとるはず。

にとって、タイトルを読む。

『てをみてごらん』。

ふっ、と、『てをみてごらん』をにとった自分のを見る。

ページをめくる。

中表紙。
白いのひらと、「てをみてごらん」の文字。

そのとなりに、自分ののひらを並べてみる。

そうやって、が語り続ける絵本です。

中の、この白いは、なんでしょうか。

(昔、美内すずえのマンガ『白い影法師』で、もんのすごく怖い思いをしたな・・・)

スイマセン、絵本の話に戻ります。

絵本の中のは、紙を切って作ったものを写したように見えますが、描いているのかなあ?

ふふふ、この作者コンビは、『ふしぎなナイフ』のふたりですからね。
一筋縄ではいかないです。



ナイフを柔らかくしたふたり。
も、さまざまに表情を変えます。

おこっているとき。
だいじなやくそく。
そっとうけとめる。

ああ、そうそう。こんなときは、こんな気持ち。

の見せるさまざまな表情に、こちらの感情がつられます。

ふだんの日々ででも、はこうやって語っているんだな、と、思い出させてくれました。

わたしなんか、窓口で、あまりいい印象を持たない利用者には、笑顔を作っていても、本を渡すが本心を語っているかもしれません。

それではだめですね。
よく、自分の身を振り返らなければ・・・。
子どもの本新刊ピックアップ
comments(0)
trackbacks(1)

スポンサーサイト

2007.12.18 Tuesday 23:29
 
-
-
-

コメント

コメントする










トラックバック

この記事のトラックバックURL
飛び出す絵本・しかけ絵本ナビ
飛び出す絵本、しかけ絵本を紹介 ロバート・サブダのポップアップ絵本、テレビ・雑誌で紹介された迫りくる大きな仕掛け、複雑かつ精巧で、美しく仕上げられた夢の世界!! 

飛び出す絵本・しかけ絵本ナビ
2007/06/01 5:41 AM

オススメアイテム

オススメアイテム

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

検索

Search this site.
無料ブログ作成サービス JUGEM