<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

2007.12.18 Tuesday
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-
-

暴れん坊図書館員 ボーイズラブ編

2006.01.16 Monday 10:16
 
マンガ家兼書店員が、本屋さんの本音や裏話を描いたエッセイコミック、という、『暴れん坊本屋さん』を読みました。

やはり、図書館と相通じるものが・・・。



返品とか、平積みとか、シュリンク(ビニールパック詰め)なんかは関係ないですが、万引きや、傍若無人な客(図書館では、利用者、といいますが)や、ボーイズラブのイラストなどの悩みは・・・同じだ。

『本屋さん』では、カバーかけをするときにぺろりん、と見える、ボーイズラブ小説の口絵がヤバイ、というネタでしたが、図書館では、口絵はさほど問題ではないです。貸出返却では、中は開けないから。

さらに、貸出券と本のバーコードは、流れ作業の中で、ちらっとみるだけ。
画面はしっかり見ていますが、何を見ているかというと、ちゃんと冊数が増えていっているか(なぞりミスがないか)、メッセージや予約本の通知はないか、ということだけ。

本のタイトルが読み込まれているのはみていますが、タイトルがなにか、というのは、ほとんど見えてないです。

小説だと、バーコードは裏表紙にあるので(バーコードは、背の右側につく決まりなので、縦書きの本は自然と裏表紙になるのです)、なおさらです。
「見られてる?」と思って気にしているみなさん、どうぞご安心ください。

人気の本だと、装丁で何の本かわかっちゃうのですが・・・。

で、なんでボーイズラブが気になるかというと、一部のレーベルなんですが、「表紙は裸の男が二人」なだけなのに、裏表紙は「裸の男が二人、絡み合っている」んですね・・・。

いや、それでもわたしたち職員は、特に貸出のときはそれも気づきません。
返却でも気づきません。
右から左に本を積み替えていく作業なので、目にはいる暇がない。

が、当館では、BDS(盗難防止装置)を採用しているので、貸出時に解除した磁気データを、返却時につけなおさないといけないのです(売り物なら、解除だけで済みますけど)。

当館の場合だと、本の背を奥にして、「パコッ」と音のする機械に滑らします。作業は一瞬ですが、装着の確認は、音を耳で聞くわけで、目は暇にしています。
30センチ分の間、(縦書き本なら)裏表紙がずっと目にはいっているのですね。

するとさすがに、「こ、このイラストは・・・」と思ってしまいます。ときどき。

そしてなにより、職場体験の中学生がきたときに、それが気になる。特に男の子だと、さすがにちょっと見せたくない気がします・・・。

エロ系ノベルズの表紙のほうがまだ中学生男子向き。

色っぽいお姉さんのイラストが表紙を飾っていますが、じつは素っ裸っていうのがまずないし、絡みのイラストも一切なし。第一、裏表紙にはだいたい著者近影なので、お姉さんの表紙もまず目にしません。

そんなことで、指導で彼らについているときにボーイズラブ本が返却されてくると、つい自分で作業をして、棚に戻しにいってしまうのでした・・・。
図書館で働く日々
comments(2)
trackbacks(1)

スポンサーサイト

2007.12.18 Tuesday 10:16
 
-
-
-

コメント

なるほど、図書館員さんにこんな悩みが・・・。
私も初めて行った本屋さんで、マンガの棚の前にボーっと立っていたら、それが「ボーイズラブ」専門の棚であることに気づいて、あわてたことがあります。
ところで、このエッセイコミックはえりりんさんの図書館にあるのですか?うちのほうの図書館はマンガはなしなので、マンガ図書館があったらいいなあ、と思っています。
ラッコ庵
2006/01/18 6:54 AM
まとめてコメント、ありがとうございます!

当館ではですね、サザエさん、手塚治虫全集、ドカベン・・・等々、名作やハードカバー版はけっこうあります。あと、コミックエッセイなんかも。

ただ、「これ入れて」というリクエスト購入は受けておりません。当館が、これはあってもいいと思うものを購入しています。

『暴れん坊図書館員』は、うちの図書館にはありません、今のところ。
でも、先輩が「図書館員は読まなきゃイカン」と、この本をくれたので、職員で回し読みしてから、図書館に寄贈しようかなと思ってます。

本好きな人は、きっと面白いですよ〜!
えりりん
2006/01/18 7:17 PM

コメントする










トラックバック

この記事のトラックバックURL
ボーイズラブを極める
家にある本にカバーをつけたくて購入しました。安くて大量に、そして外から見て何かわかるカバーでしたら、これ以外に考えられないんじゃないでしょうか。本を大事にしたい私にとって、ブックカバーは欠かせない物。こちらのメーカーの物は余分な文字とかが、全く無くっ

コミックをいっぱい集めました
2007/04/28 1:22 AM

オススメアイテム

オススメアイテム

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

検索

Search this site.
無料ブログ作成サービス JUGEM